[ジュネーブ 13日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は13日、中国の新型コロナウイルス感染者数急増について、感染の新たな確認基準が「より幅広い定義」に基づくようにしたことを反映していると説明した。

中国は同日、新型ウイルスの確認基準を変更。これまでは体内にあるリボ核酸(RNA)の検査で陽性反応が出た場合のみ、感染確認としていたが、同検査には時間がかかるため、肺感染を特定するCTスキャンで陽性反応が出た場合も感染例に含むことになった。これを受け、12日時点での死者・感染者数は急増した。

WHO報道官はロイターに対し「検査で確認された感染例だけでなく、症状などに基づき臨床的に診断されたケースも含まれるため、新たな感染の定義が感染者数増加につながったというのが現時点でのわれわれの理解だ」と述べた。

その上で、確認基準や統計の報告手順を巡り、WHOは中国に対し「一段の透明性」を求めるとした。

*カテゴリーを追加して再送しました。