[北京/上海 20日 ロイター] - 新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るう中、発生国の中国では海外から入国した人の感染事例が急増している。19日に新たに確認された感染者は、前日に続きすべて海外からの入国者で、市中感染者はゼロだった。当局は、すでに厳格化している水際対策をいかに強化するかという課題に直面している。

中国国家衛生健康委員会が20日発表した19日時点のデータによると、新規感染者は39人で全員入国者。うち14人が広東省、8人が上海市、6人は北京市で確認された。

首都北京や上海、深センがある広東省は輸送の主要拠点で、海外で感染した人の入り口となっている。しかし、19日は、天津市、遼寧省、黒竜江省、山東省、甘粛省、浙江省、福建省、広西チワン族自治区、四川省でも感染者が確認され、入国者の感染者数は累計228人となった。

入国者の感染事例は多くは中国人。14日間の隔離措置などにより、市中感染には至っていないが、当局は危機感を強めている。

19日時点で累計感染者数は8万0967人。死者は3人増え3248人となった。