[ソウル 23日 ロイター] - 韓国疾病予防管理局(KCDC)の23日の発表によると、国内の新型コロナウイルスの新たな感染者は64人で、2月29日にピークに達して以来最少となった。減少傾向が続き、感染拡大の勢いが弱まりつつあるとの期待が高まっている。

感染者数は累計8961人となった。死者は1人増えて110人。

新たな感染者は12日連続で、100人前後、あるいはそれを下回る水準となった。2月29日には過去最多の909人を記録していた。

KCDCによると、治療のため病院で隔離されていた257人が退院した。

韓国では3月13日に、最初の感染例が確認された1月20日以降初めて、回復した人の数が新たな感染者を上回った。