[23日 ロイター] - > オペラ歌手ドミンゴさん、新型コロナに感染

スペイン出身の世界的オペラ歌手プラシド・ドミンゴさん(79)は22日、新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。

> 米上院の新型コロナ法案、民主党が阻止 採決へ協議継続

米上院は22日、1兆ドル超の新型コロナ対策法案の採決に向けた動議を否決した。民主党の反対で、可決に必要な60票(議席数100)の支持が得られず、手続き上のハードルをクリアできなかった。

> 韓国、新型コロナ新規感染者64人 ピークの2月29日以来最少

韓国疾病予防管理局(KCDC)の23日の発表によると、国内の新型コロナウイルスの新たな感染者は64人で、2月29日にピークに達して以来最少となった。減少傾向が続き、感染拡大の勢いが弱まりつつあるとの期待が高まっている。

> 米自動車業界、新型コロナで税負担軽減と新貿易協定発効延期を要請

自動車業界団体の米自動車イノベーション協会(AAI)と米自動車部品工業会(MEMA)は20日、米議員に対し、新型コロナウイルスが原因で自動車販売台数が減少するのに伴い、新たな税負担軽減措置の導入と、米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)の発効を遅らせるよう求める共同書簡を送付した。書簡内容をロイターが確認した。

> 東京五輪に選手団派遣しない方針=カナダオリンピック委員会

カナダのオリンピック委員会(COC)とパラリンピック委員会(CPC)は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年東京五輪に選手団を派遣しない方針を示した。

> 新型コロナ、封鎖措置だけでは封じ込め不可能=WHO

世界保健機関(WHO)で緊急事態対応部門を統括するマイケル・ライアン氏は22日、新型コロナウイルス対策で、単に場所や建物を封鎖するだけではウイルスを完全に封じ込めることはできないと指摘し、感染の再発を防ぐためにしっかりとした公衆衛生対策をすぐに講じる必要があるとの考えを示した。

> 自動車各社、新型コロナ感染拡大でインド生産停止

インド自動車最大手マルチ・スズキ・インディア、マヒンドラ・アンド・マヒンドラ、独メルセデス・ベンツ、欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)など自動車各社は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を理由にインドでの自動車生産を停止すると発表した。

> 中国本土、新型コロナの新規感染者が減少 全員が海外からの入国者

中国国家衛生健康委員会は23日、中国本土で22日に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は39人と発表した。北京市が海外から持ち込まれる感染事例の対策を強化したため、5日ぶりに本土の新規感染者が減少した。

> 豪政府、新型コロナ対応で追加の景気対策を発表

オーストラリア政府は22日、新型コロナウイルス対策の第2弾として664億豪ドル(385億米ドル)の景気刺激策を発表した。政府が既に発表した176億豪ドル(102億米ドル)の景気対策を大きく上回る規模となる。

> 米FBが非常用備蓄マスク72万枚を医療従事者に寄付、追加購入も=CEO

米フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は22日、同社は非常用に備蓄していたマスク72万枚を医療従事者向けに寄付したと明らかにした。

> イランのハメネイ師、新型コロナ巡る米国の支援を拒否

イランの最高指導者ハメネイ師は22日のテレビ演説で、同国の新型コロナウイルス対策に米国が支援を申し出ているのは「奇妙」だと述べ、拒否する考えを示した。

> メルケル独首相が自宅勤務に、新型コロナ感染医師と接触で

ドイツのメルケル首相は22日、自主的な隔離措置を取り、自宅勤務に入った。報道官の発表によると、メルケル氏が20日に肺炎球菌のワクチン接種を受けた医師がその後、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出た。

> スペイン、新型コロナの非常事態を4月11日まで延長へ

スペイン政府は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために宣言した非常事態を4月11日まで延長する方針を発表した。スペインの感染者数は欧州で2番目に多い。

> ブラジル大統領、新型コロナによる医療崩壊の見方を否定

ブラジルのボルソナロ大統領は、新型コロナウイルスに関連し、来月に同国の医療が崩壊するとしたマンデッタ保健相の発言を否定した。CNNブラジルとのインタビューで述べた。

> 独VW、工場閉鎖は当初計画より長期化の公算=CEO

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のディース最高経営責任者(CEO)は21日、新型コロナウイルス危機に伴う工場閉鎖が当初計画より長期化する可能性があると述べた。

> ポール米上院議員、新型コロナに感染 上院で初めて

米共和党のランド・ポール上院議員は22日、新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。上院議員で感染が確認されたのは初めて

> 東京五輪、7月開催は不可能 延期すべき=世界陸連会長

世界陸連のセバスチャン・コー会長は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえると、東京オリンピックを予定通り7月に開催することは不可能だとし、延期すべきだとの考えを示した。

> サウジが320億ドルの緊急景気刺激策発表 さらなる借り入れも

サウジアラビアのジャドアーン財務相は20日、新型コロナウイルスの感染拡大や原油安を受け、320億ドルに上る緊急の景気刺激策を発表した。また、拡大する財政赤字を埋め合わせるため、さらなる借り入れも検討していると述べた。

> 米3州が新たに外出禁止令、全米の感染者3万3000人超える

新型コロナウイルスの感染が拡大する米国で22日、オハイオ、ルイジアナ、デラウェアの3州が住民に外出禁止令を出した。これまで同様の措置を打ち出した他の州を含めると全米人口の3分の1近く、1億0100万人が外出禁止の対象となった。

> 英首相が国民に社会的隔離を再度要請、守れないと外出禁止や移動制限も

ジョンソン英首相は22日、新型コロナウイルス感染拡大防止のために政府が勧告している「ソーシャル・ディスタンシング(社会的隔離)」を国民が実行しないなら、今後外出禁止令や移動制限などの導入が必要になるかもしれないと警告した。

> 東京五輪の延期含め検討、4週間以内に結論 IOCが発表

国際オリンピック委員会(IOC)は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急理事会を開き、7月24日から開催予定の2020年東京五輪について延期も含めた対策を検討し4週間以内に結論を出す、との声明を発表した。

> 米景気対策、家計向け一時給付や流動性支援含む=財務長官

米財務長官は22日、米フォックス・ニュース番組とのインタビューで、米議会が成立を目指す新型コロナウイルスに対応するための景気対策には、3000ドル規模の家計向け一時給付や米連邦準備理事会(FRB)による最大4兆ドルの経済への流動性支援が含まれると明らかにした。

> インタビュー:-新型コロナで米失業率30%、第2四半期GDP半減も=セントルイス地区連銀総裁

米セントルイス地区連銀のブラード総裁は20日の電話インタビューで、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴って、米国の失業率が今後30%と大恐慌時を上回るとともに、第2・四半期の国内総生産(GDP)が通常に比べて半減し、金額にして約2兆5000億ドルが消失してもおかしくないとの見通しを示した。

> NZ中銀、量的緩和開始 新型コロナに対応

ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は23日、向こう12カ月で最大300億ニュージーランド(NZ)ドル(170億米ドル)のNZ国債を買い入れると発表した。新型コロナウイルスの世界的流行を受けた措置で、他の中銀に続き量的緩和(QE)策に踏み切った。

> G20財務相、23日に電話会議へ 新型コロナ対応で協調目指す

20カ国・地域(G20)財務相が23日に電話会議を行うことが、公表されたルメール仏経済・財務相の予定で明らかになった。