[ブエノスアイレス 23日 ロイター] - アルゼンチンのグスマン経済相は23日、20カ国・地域(G20)首脳らに対し、新型コロナウイルス感染拡大による「社会崩壊」を回避するために断固とした行動を取るよう求め、世界的な流動性を確保するため先進諸国にスワップ協定の拡充を促した。

新型ウイルス対策を巡り、この日開催されたG20財務相・中央銀行総裁テレビ会議に参加した同相は声明で、各国は支援を最も必要とする国向けの二国間スワップ協定なども含め、経済政策の「全ての手段」を活用するべきだと訴えた。

「世界の社会的安定を維持するため、可能な限りわれわれが世界的な協調を強化することが何よりも重要だ」と強調した。

同相はまた、影響を受けるセクター向け補助金や失業保険の拡充といった国内対策の必要性も訴えた。

アルゼンチンは新型コロナ危機のほか、国際通貨基金(IMF)への債務返済や、インフレ加速、貧困などの問題を抱えている。