[北京 24日 ロイター] - 北京市政府は、新型コロナウイルス感染拡大リスクを最小限に抑えるため、海外からの入国者に対する検疫の規則を一段と厳格化した。同市共産党委員会の機関紙、北京日報が24日に報じた。

同紙によると、北京に到着する全入国者が一元化した検疫手続きと新型コロナ検査の対象になる。また、中国の他の地域から北京入りした場合でも、過去14日間に海外から入国していた場合は同様の検疫手続きと検査の対象となる。