[24日 ロイター] - フランスで24日、新型コロナウイルスによる死者が1000人を突破した。死者数が1000人を超えるのは5カ国目。新型コロナの感染拡大問題に関してマクロン大統領に助言する政府諮問委員会は、当初15日間の予定で先週導入された仏全土のロックダウン(外出禁止などの移動制限)について、少なくとも6週間は続けるべきとの認識を示した。

ベラン保健相は記者会見で、現時点ではロックダウンの終了時期を決めることはできないと語った。諮問委員会の助言に従うならば、フランスは4月28日まで、事実上の停止状態が続くことになる。

諮問委は声明で、ロックダウンは現時点で唯一の効果的な戦略だとし、「厳格に適用する必要がある」と強調した。

保健省のサロモン保健総局長によると、フランスでは24日に新型コロナにより240人が新たに死亡、これまでの死者数は1100人となった。死者が1000人を突破するのは、中国、イタリア、イラン、スペインに次ぐ5カ国目。フランスの死者数は1日で28%増加した。

累計の感染者数は1日で12%増加し、2万2300人に達した。