[北京 29日 ロイター] - 北京市は新型コロナウイルス感染の低リスク地域からの人の移動を30日にも緩和する可能性がある。状況に詳しい関係者2人が明らかにした。

黒竜江省など高リスク地域以外からの訪問者は、2週間の隔離措置が不要となる見込み。

北京市当局はコメント要請に応じていない。

現在は、市内在住者であっても帰省先など市外から戻る場合、特別な事情を除いて帰宅が認められない。従わない場合は罰則が適用される。

今回の緩和措置は海外からの訪問者は対象外。

中国では国内の感染者数が減少し、各地で規制が徐々に緩和されている。北京では4月15日以降、国内感染例が報告されていない。