[上海 30日 ロイター] - 中国の楽玉成外務次官は、新型コロナウイルスの世界的流行に関し、中国の責任追及を目的にしているいかなる国際調査にも「断固反対する」と表明した。

同氏の米NBCとのインタビュー内容を中国外務省が30日、ウェブサイトに掲載した。サイトでは、中国批判を意図する「政治色の強い」国際調査に中国政府は断固反対するとも記されている。