[シドニー 4日 ロイター] - ロイターの集計によると、世界の新型コロナウイルス感染者が4日時点で350万人を超え、死者は25万人に迫っている。ただ、感染者や死者の増加ペースはピークと比べ鈍化している。

北米や欧州が最近の新規感染者の大半を占めているが、中南米やアフリカ、ロシアでも感染者が増加している。

各国の公式統計を基にしたロイターの集計によると、過去24時間に世界で確認された新規感染者は8万4004人で、累計の感染者数は350万人を超えた。死者は24万5992人となった。

世界の感染者数はここ1週間、1日当たりの増加ペースが2─3%と、3月中旬の13%前後から鈍化しており、多くの国で経済活動を再開する動きが出ている。

米国では約半数の州が週末に経済活動を部分的に再開させた。一方、ニューヨーク州のクオモ知事など、再開は時期尚早とする州もある。