[ワシントン 7日 ロイター] - 米民主党のペロシ下院議長は7日、第5弾となる新型コロナウイルス対策法案の概要を発表した。州・地方政府への追加支援のほか、ウイルス検査拡充、米郵政公社(USPS)への金融支援などを柱とするもので、早くて来週の採決を目指す。

米議会は4月末、中小企業向けの追加支援などを盛り込んだ4840億ドルの対策第4弾を承認。これまでに承認された米政府のコロナ対策は約3兆ドルに達している。

ペロシ氏は第5弾の対応策の具体的な規模は示さなかったものの、「国民に直接現金を渡す」必要があると述べた。

その上で、下院が来週に審議を開くことを希望しているとし、来週にも採決が実施される可能性があることを示唆した。