[ワシントン 7日 ロイター] - 米ホワイトハウスが米疾病対策センター(CDC)により策定された各州のロックダウン(都市封鎖)措置緩和に関する指針を棚上げしたと、政府高官が7日明らかにした。「過度に規範的」な指針を出すことは避けたいとの理由という。

CDCは、新型コロナウイルス流行によって各州で閉鎖もしくは制限されている交通機関やレストラン、託児所などの安全な再開に向けた段階的な指針を策定した。

政府の新型コロナ対策本部のメンバーはロイターに対し「多岐にわたる業種の活動再開を巡り特定の指示を出すことは、各州が直面するさまざまな状況に対し過度に規範的となる」と説明し、政府が棚上げを決めたという報道を確認した。

CDCが策定した指針は対策本部のメンバーによってのみ討議されていたが、先月になって指針が存在すると報じられていた。