[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は5%の大幅高となり、週間では2週連続で上昇した。米国内の掘削リグ稼働数が過去最低に減少したほか、新型コロナウイルス流行を受けたロックダウン(都市封鎖)の緩和を計画する州が増えたことが背景。

国内の石油・天然ガス掘削リグ稼働数は今週、34基減の374基となり、過去最低を記録した。エネルギー業界は新型コロナ流行による需要減に対応するため、生産や投資を減らしている。

清算値は北海ブレント先物<LCOc1>が1.51ドル(5.1%)高の1バレル=30.97ドル。WTI先物<CLc1>は1.19ドル(5%)高の24.74ドルだった。

週間ベースでは北海ブレントが約18%、WTIが約33%上昇した。