[東京 11日 ロイター] - 安倍晋三首相は11日の衆院予算委員会集中審議で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で「子供の学ぶ機会が奪われることがあってはならない」と述べ、学生支援の対応を考える姿勢を示した。

給付型奨学金や授業料納付猶予など既存の枠組みに加え「それだけで対応が困難な、経済的に厳しいアルバイト学生に対して、与党、政府として速やかに追加的対応を考えたい」と強調した。宮本徹委員(共産)への答弁。

(竹本能文)