[北京 11日 ロイター] - 中国共産党系メディアの環球時報は11日、米国と結んだ「第1段階」の通商合意を巡って、国内の交渉担当者らから見直しを求める声が上がっていると報じた。

トランプ政権は新型コロナウイルスの発生源が武漢のウイルス研究所であることを示す証拠があると主張しているが、ある交渉担当顧問は、こうした米国の悪意ある攻撃が「怒りの津波」を招いていると述べた。

さらに中国は第1段階合意の際に妥協しているが、米経済の落ち込みや今年の米大統領選を踏まえ「実際のところ合意を打ち切ることが中国の利益にかなう」と指摘。「全てがやり直しとなれば、米国に貿易戦争を再開する余裕などない」との見方を示した。