[ヨハネスブルク 26日 ロイター] - 南アフリカは29日から、カジノと映画館の再開と、レストランの店内での飲食を許可する。新型コロナウイルス感染は急増しているが、一段のロックダウン(都市封鎖)緩和に動いた。

同国は5月、経済復興のため3月に実施した封鎖の緩和を開始。6月初めには屋外での労働、礼拝、運動、買い物を許可し、鉱山と工場の全面稼動に踏み切った。

同国でこれまでに確認された感染者は11万8375人、死者は

2292人。25日に確認された新規感染者数は6500人超で、4月の1000人未満から大幅に増加している。

マモロコ・クバイ・ウグバネ観光相は、テレビ放映された記者会見で「観光業界の企業と雇用を救済するため、観光部門の再開に向け努力している」と述べた。

同相は5月、観光業界の閉鎖状態が9月まで続けば最大60万人の雇用が脅かされると警告していた。