[ブリュッセル 30日 ロイター] - 欧州連合(EU)域内への必要不可欠ではない渡航を可能とする「安全リスト」に米国が盛り込まれていないことが、3人の外交筋の話で分かった。リストは30日に公表される見通し。

同筋によると、EUは域外14カ国に対し、観光・出張目的の渡航を7月1日から大筋で認める方針。14カ国は日本、韓国、タイ、オーストラリア、ニュージーランド、セルビア、モンテネグロ、ジョージア、アルジェリア、チュニジア、モロッコ、ルワンダ、カナダ、ウルグアイだという。

米国のほか、ロシアとブラジルも当初の「安全リスト」に盛り込まれていない。