[ソウル 3日 ロイター] - 韓国の新型コロナウイルス感染者は2日に63人増え、1万2967人となった。死者は282人。このところ、首都ソウル以外の都市でも感染が拡大しており、南西部の光州(クァンジュ)市では社会的距離を保つ制限措置が再び厳格化された。

韓国は最初の感染拡大を抑制し称賛されたものの、感染第2波への懸念が高まっている。

ここ数週間はソウルを中心に感染者が増加していたが、約2カ月ぶりに他の都市の新規感染者がソウルを上回るペースで増加。光州市では過去数日に50人超の感染が確認され、図書館や博物館などの公共施設が営業を停止した。

丁世均(チョン・セギュン)首相は3日の会議で「光州市は社会的距離を保つためのガイドラインを直ちに第2段階に引き上げた。屋内での集会は50人未満、屋外の集会は100人未満に制限される」と述べた。

保健当局は社会的距離を保つ規則を3段階に分類。第3段階が最も厳しく、学校の休校や企業活動の停止が求められる。

金剛立(キム・ガンリプ)保健福祉次官は記者会見で、感染状況は依然として対処可能であり、各地方政府が規則を強化するかどうか判断するとした。