[北京 15日 ロイター] - 中国外務省の華春瑩報道官は15日の会見で、南シナ海情勢を巡り米国がいかなる制裁を科そうとも恐れないと表明、米国が事を荒立て、地域を不安定化させていると批判した。

スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は14日、南シナ海で中国が権益を主張していることについて、関係する当局者や企業への制裁で対応する可能性があると述べた。