[ロンドン 15日 ロイター] - 英油田開発大手プレミア・オイル<PMO.L>のトニー・デュラント最高経営責任者(CEO)は15日、来年期限を迎える債務について、4−5年の返済延長を求めていることを明らかにした。

当初は2年半の期限延長を求める方針だった。これを受けて同社の株価は5%程度値下がりしている。

同CEOはロイターに「引き続き債権者と生産的な協議を進めている。近く最終的な条件で合意できる見通しだ」と述べた。

6月末時点の純債務は19億7000万ドルと、昨年12月とほぼ同水準。

同CEOは、指標となる原油価格<<LCOc1>>が1バレル当たり5ドル上昇すれば、グループのキャッシュフローが3000万ドル増えると述べた。

現在の原油価格は43ドル前後で、今年の損益分岐点の32ドルを上回っている。