[北京 6日 ロイター] - 中国広東省広州市の中級人民法院(地裁)は6日、薬物製造の罪に問われたカナダ人の被告に死刑判決を言い渡した。

薬物関連の罪によるカナダ人への死刑判決は、2018年にカナダ当局が華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕して以降、3人目となる。カナダが米当局の要請で孟氏を逮捕したのをきっかけに、中国とカナダの関係は急速に悪化している。

中級人民法院のウェブサイトに掲載された通達によると、死刑判決を受けたのはXu Weihongという名前のカナダ人。詳しい罪状は明らかにしていない。

現時点でロイターは、Xu被告に弁護士がついているか確認できていない。

この件について、中国外務省の汪文斌報道官は定例会見で、薬物に関連した犯罪は非常に深刻であるとし、だれもが法の下ではだれもが平等だと述べた。

カナダ人とともに訴追された中国人の被告は終身刑が言い渡された。

カナダ外務省は声明を発表し、死刑判決を深く憂慮するとした上で、恩赦を与えるよう求めた。