[ロンドン 13日 ロイター] - 英国の対欧州連合(EU)交渉担当者、デービッド・フロスト氏は13日、EU離脱後の関係を巡る協議で、EU側と9月中に合意できると述べた。来週にはEUのバルニエ首席交渉官との協議が予定されている。

ツイッターで「言い続けているように、われわれは特別な、または特異な合意を求めているわけではなく、根本的にはEUがカナダなどの友好国と締結したような自由貿易協定(FTA)での合意を望んでいる」と指摘。「法律や裁判、漁業権を巡る英国の主権は当然、議論の対象ではなく、われわれがEU単一市場の統合性を脅かすことを求めていいないように、主権に関するいかなる妥協も受け入れない」と語った。