[チューリヒ 18日 ロイター] - スイス製薬大手ロシュ<ROG.S>は18日、自社の関節リウマチ治療薬「アクテムラ/ロアクテムラ」について、COVID−19(新型コロナウイルス感染症)に関連した肺炎患者が人工呼吸器を必要とする可能性を低下させる効果が見られたと発表した。

ロシュは米国を含む複数の国で行われたEmpacta第3相試験の結果に言及し、同薬を投与した入院患者は呼吸器を必要としたり、死亡したりする可能性が44%低下したと説明。米食品医薬品局(FDA)を含む各保健当局とこの試験結果を共有するとした。