[サンタローザ(米カリフォルニア州) 28日 ロイター] - 米カリフォルニア州サンフランシスコ北約300キロに位置するシャスタ郡で27日に発生した山火事で3人が死亡した。当局者が28日明らかにした。ワイン産地として知られるナパバレーにも別の山火事の火の手が広がり、多数の住民が避難を余儀なくされた。

3人が死亡した詳しい経緯は明らかになっていない。カリフォルニア州の山火事による8月半ば以降の死者数は29人となった。

ナパバレーの山火事は27日未明にサンフランシスコ北約96キロにあるカリストガで発生。その後、別の2つの山火事と組み合わさり、ナパ郡とソノマ郡に火の手が広がった。両郡で推定6万人の住民に対して避難命令あるいは勧告が出されたが、負傷者は報告されていない。

同州北部の焼失面積は約125平方キロメートルに広がり、全壊した建物数は146に上った。ナパ郡・ソノマ郡の山火事の焼失面積は145平方キロメートルで、住宅など100軒が焼失した。

どちらの山火事も28日夜の時点で鎮火率はゼロとなっている。火事の原因については調査が進められている。

米西部全域に広がった山火事による被害は史上最悪規模に拡大。カリフォルニア州だけでも、これまでに1万5000平方キロ以上が焼失し、1年の被害としては過去最大となった。年初からこれまでに7000以上の建物が全焼している。専門家は気候変動によって山火事の威力が増していると指摘する。

ナパバレーの475のワイン生産者は州全体のブドウ収穫高に占める割合は4%と低いが、カリフォルニアワインの小売販売額の半分を占めている。ソノマ郡にも450のワイナリーがありワインの主要な産地だ。