[東京 29日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比101円12銭安の2万3410円50銭となり、反落してスタート。きょうは9月中間期末の配当権利落ち日で、配当落ち分は150円前後であることから、これを踏まえると実質的にはプラスでのスタートとなる。米経済対策への期待や為替のドル/円が落ち着いて推移していることなどが下支えとなっている。