[東京 20日 ロイター] - 厚生労働省は20日、年内に1億4400万回分の新型コロナワクチンの提供を受けることで米ファイザーと正式契約を結んだと発表した。薬事審査で承認されれば日本国内でワクチンの供給が始まる。

昨年7月の基本合意では、今年上半期に1億2000万回の供給を受けるとしていた。会見した田村憲久厚労相は「できるだけ年前半に多くのものを確保できるよう最大限の供給をお願いしたい」と語った。

*田村厚労相の発言などを追加しました。