[東京 25日 ロイター] - ワクチンの総合調整を担う河野太郎行政改革担当相は25日午前の衆院予算委員会で、新型コロナウイルス感染症のワクチン供給について、スケジュールは決まっていないが、できたら2月下旬から医療従事者に接種を始めたいと述べた。牧島かれん委員(自民・無所属)への答弁。

ワクチンの「供給スケジュールが決まり次第、自治体に連絡する」とし、官民を挙げて迅速な接種にしっかり取り組むと強調した。

(竹本能文※)