[ヨハネスブルク 3日 ロイター] - 南アフリカの科学者による研究から、同国で広がっている新型コロナウイルス変異株への感染によって産生される抗体が、他の変異株の感染を防止する可能性があることが分かった。

研究では、南アの新型コロナ第1波で流行した従来型ウイルスに対し、変異株に感染した人の血漿を用いたところ、一定の中和効果が確認された。

研究に関わった科学者は、南ア変異株をターゲットする新型コロナワクチンが他の変異株に対しても有効となる可能性が示されたとの見方を示した。