[ウェリントン 5日 ロイター] - ニュージーランドのアーダーン首相は、新型コロナウイルス感染者が1人出たことから感染拡大抑制のためロックダウン(都市封鎖)を実施している最大都市オークランドについて、7日に封鎖を解除すると表明した。

首相は新型コロナに対して「厳しく早く」対応する方針に則り、オークランドで2月27日から7日間の封鎖を実施していた。

その後新たに2人の国内感染が確認されたが、過去5日間新たな報告はない。

首相は記者会見で、「我が国は世界の大半で見られるような壊滅的な状況ではないかもしれない。しかし根絶戦略は困難な仕事で当然ながら疲労を覚える」とした上で。「新型コロナは誰もにとって困難な試練。再度の対応に感謝する」と述べた。

コロナ対策でアーダーン首相は評価されているが、今回の封鎖で一部のスポーツ・文化イベントが延期されるなどし、ソーシャルメディアでは批判の声が上がっている。

オークランドの封鎖は現地時間7日午前6時(日本時間午前2時)に終了、警戒レベルは、職場と学校以外は自宅圏内にとどまる必要がある3から2に引き下げられる。他の地域は最も低いレベル1に引き下げられる。

ニュージーランドにおける累計感染者は2000人強、死者は26人にとどまっている。