熊本市が65億円の補正予算を提案へ

熊本市が65億円の補正予算を提案へ

熊本市は、22日から始まる定例市議会に地震関連予算を含む総額65億8000万円に上る補正予算を提案することを明らかにしました。
熊本市によりますと今回の補正額はおよそ65億8000万円でこのうち地震関連分は11億4500万円。
主なものでは仮設住宅の入居者に、市営住宅の空き家を「恒久的な住まい」として提供するための修繕費が250戸分で1億3000万円、被災住宅の調査書類などを保管するために借用する旧NHK放送会館の改修設計費が220万円などとなっています。
あらたな取り組みではソーシャル・ネットワーキング・サービスのラインを使って(LINE)地域のイベントや災害情報などを市民に発信するための費用に400万円を充てます。
補正後の今年度の一般会計補正予算案は総額でおよそ4101億円となります。
熊本市議会は来週22日水曜日に開会します。

動画はこちら

関連記事

おすすめ情報

RKKニュースの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

熊本 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索