列車のドアに男の子の足がはさまれケガ

列車のドアに男の子の足がはさまれケガ

13日夜、熊本市のJR新水前寺駅で男の子が列車に足を挟まれけがをする事故がありました。
「列車は男の子の右太ももを挟んだままの状態で動き始めたということです」(記者リポート)
13日午後8時20分ごろJR新水前寺駅で熊本行きの2両編成の列車に乗り込もうとした10歳の男の子が右太ももをドアに挟まれアザができたということです。
運転士がブレーキを緩めたあとミラーで確認するとドアが開いていることを示す「車側灯」が点灯していることに気づきブレーキを掛け、停車したということです。
運転士はドアを閉めたあとドアが閉まっていることを表示する「知らせ灯」の確認を怠ったということです。
JR九州はお詫びするともに「お客様の安全確保のために運転士への教育・指導を徹底してまいります」とコメントしています。

動画はこちら

関連記事

おすすめ情報

RKKニュースの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

熊本 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索