熊本市動植物園で、大地震の発生を想定した防災訓練がありました。

訓練はいざという時に備え、救助や避難誘導の方法を再確認するもので職員約そ90人が参加しました。熊本市で震度7を観測する地震が発生したという想定で、人が閉じ込められたままの観覧車では消防隊がはしご車を使って救助しました。動植物園によりますと、このような大規模な訓練は初めてということで、今後も定期的に実施していきたいとしています。