厚労省は、中国の武漢市で相次いでいる新型のコロナウイルスに感染した肺炎患者が、国内で初めて確認されたと発表しました。
県内では、どのような対策をとっているのでしょうか。

政府関係者によりますと、患者は中国籍の30代の男性で、神奈川県在住です。
中国の武漢に住む親族を訪問中だった3日から発熱があり、6日に帰国した後に医療機関で受診し、10日から入院していました。
厚労省によりますと、国立感染症研究所が患者の検体を検査したところ、15日夜、新型コロナウイルスであることが分かったということです。

男性は、武漢市で肺炎の患者と濃厚接触した可能性があるということです。
厚労省は、このウイルスについて、家族の間など限定的なヒトからヒトへの感染の報告はあるものの、持続的なヒトからヒトへの感染は、今のところ認められないとしています。

気になるニュースですが、この「濃厚接触」って分かりますか。

実は厚労省もまだ、明確には定義していませんが、少なくとも「一緒に生活する」ことはそれにあたるとしています。
逆に、一度会って話すくらいは「濃厚接触」とは言わないようです。

Q熊本では、今のところ不安はない?
「厚労省」はそうみています。「持続的なヒト・ヒト感染」が起きた場合は、爆発的に患者が増えているはずだとしています。

Qそれでも県内で対策は何かやってる?
熊本空港では、武漢市に渡航歴があり、発熱している人に対してて、申告をお願いしていますが、県は新たな対策は考えていないとしています。

厚労省も、一般的な感染症対策をしっかりして、現時点では過剰な心配をしないでよいとしています。