熊本市の慈恵病院が、生活に困窮している妊婦などを一時的に保護する施設を開設し、運用をはじめました。

慈恵病院は予期せぬ妊娠をした女性が、匿名で出産することができる「内密出産」の運用を始めていて、こうした女性や生活に困窮している妊婦が産後までを安全に過ごせる施設を、病院内に設置しようと準備を進めてきました。

慈恵病院は、今月18日に熊本市に施設開設のための申請を行い、25日認可されたということです。

熊本市は病院側に妊婦が保護された場合の情報の共有を求めていて、市としても産後の生活などについてサポートするとしています。

慈恵病院の蓮田健副院長は「これで生活に困窮する妊婦が出産まで安心して過ごしてもらえる」と話しています。