梅雨前線の影響で、県内は、28日明け方にかけて非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象台は土砂災害などに警戒を呼びかけています。

27日の県内は断続的に雨が強まり熊本市では午後3時半ごろまでの1時間に32ミリの激しい雨が観測されました。九州に停滞する梅雨前線の活動が活発となるため、県内は28日の明け方にかけて局地的に雷を伴って1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

28日夕方までの雨の量は、多いところで180ミリの予想です。

27日午後6時現在、人吉市に大雨警報八代市や水俣市などに洪水警報が発表されています。県の南部では、26日からの雨量が100ミリを超えている所もあり、土砂災害や浸水河川の増水などに警戒が必要です。