熊本市動植物園のライオンの子ども2頭が28日、大分県のアフリカンサファリに出発するのを前に最後の姿を見ようという人たちが大勢、訪れました。

大分県のアフリカンサファリに譲渡されるのは、去年5月に生まれた3頭のライオンのうちオスの「レオ」とメスの「ココ」の2頭です。
28日は日差しが照りつける中、檻の前には最後となる3兄弟を見ようと子ども連れが集まりました。
「大きくてびっくりしました」「だって大人だもん」「こんなに大きくなるんだなと」
「(ライオンには)大分のみんなと仲良くしてねと」(来園者)
譲渡される2頭は授乳時期を過ぎ飼育スペースの問題などから大分に行くことになったものです。
「ありがとうございました」(動物園職員)
午後3時半に子どもライオンの公開が終わると、見に来た人たちは名残惜しいようすでした。