野焼き作業中の事故相次ぐ 1人が死亡2人が重軽傷

野焼き作業中の事故相次ぐ 1人が死亡2人が重軽傷

阿蘇地方できのう野焼き作業中に火に巻き込まれる事故が相次ぎ、1人が死亡、2人が重軽傷を負いました。
警察や消防によりますときのう午後2時半ごろ高森町野尻で野焼き作業にあたっていた高森町の大工、野尻進さん(66)が火に巻き込まれ、全身にやけどを負いました。
野尻さんはドクターヘリで熊本市内の病院に運ばれましたがおよそ9時間後に死亡が確認されました。
野尻さんは午後2時ごろからおよそ40人で20ヘクタールの原野の野焼きを行っていたということです。
また、きのう午前11時ごろ南阿蘇村一関で野焼きをしていた78歳の男性と56歳の男性がやけどを負いました。78歳の男性は重傷ですが意識はあるということです。
きのうは県内全域に乾燥注意報が出ていました。

動画はこちら

ニュースをもっと見る

おすすめ情報

RKKニュースの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

08時01分更新

熊本のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索