無資格者に玉掛けさせた金属製品製造会社を「事前送検」 1年以上指導するも是正されず 大垣労基署

無資格者に玉掛けさせた金属製品製造会社を「事前送検」 1年以上指導するも是正されず 大垣労基署

 岐阜・大垣労働基準監督署は無資格者に玉掛け作業をさせたとして、㈱福島製作所(岐阜県大垣市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いで岐阜地検大垣支部に書類送検した。同社では違反を理由とした労働災害は発生しておらず、いわゆる「事前送検」となる。

 同社は工作機械の部品などを製造している。代表取締役は平成30年8月8日、無資格の労働者につり上げ荷重2.83トンのクレーンの玉掛け作業を行わせた。同労基署の監督官が現場を確認した。

 同社では無資格者による玉掛け作業が常態化していた。同労基署は1年以上に渡り行政指導を続けていたが、是正がみられなかった。代表取締役は「忙しくて資格者の配置がうまくいかなかった」と供述しているという。

 労働安全衛生法は技能講習を修了した者以外に、つり上げ荷重1トン以上のクレーンへの玉掛け作業を行わせてはならないと定めている。

【平成31年2月5日送検】


関連記事

労働新聞社の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索