死亡者が6人増加 死傷災害も5.2%プラスに 兵庫労働局・平成30年労災発生状況

死亡者が6人増加 死傷災害も5.2%プラスに 兵庫労働局・平成30年労災発生状況

 労働災害による死亡者数が前年比で6人増加――兵庫労働局がまとめた平成30年の労災発生状況で明らかになっている。休業4日以上の死傷災害は5042人で、前年から5.2%増えている。

 死亡者の内訳をみると、建設業12人(前年比増減なし)、製造業6人(同2人減)、陸上貨物運送事業が7人(同3人増)などとなっている。

 死亡労災を型別にみると、「墜落・転落」の13人と「交通事故」の11人が多数を占めている。「挟まれ・巻き込まれ」4人、「高温・低音の物との接触」3人などもめだつ。

 休業4日以上の型別では、多いものから順に「転倒」23%、「墜落・転落」15%、「動作の反動・無理な動作」13%となった。


関連記事

労働新聞社の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索