茨城・土浦労働基準監督署は、製缶工場での工事中に墜落防止措置を講じなかったとして、鈴木建設㈱(茨城県小美玉市)と同社社長を労働安全衛生法第20条(機械設備等による危険防止措置)違反の疑いで水戸地検へ書類送検した。

 労災は平成31年3月、石岡市にある製缶工場内で、天井クレーンの取り付け作業中に発生した。地上から4メートルの高さの足場から、社員が前のめりに墜落し、意識不明の重体となった。墜落防止のための手すりや中桟などを設置していなかった疑い。

 一度は規定に満たない手すりを講じていたものの、取り付け作業の障害となるため、足場から取り除いていたという。

【令和2年3月19日送検】