新型コロナウイルス感染症予防のための消毒用アルコールについて、東京消防庁が安全な使用と火災への注意を動画で呼びかけている。公開した実験動画は、消毒用アルコールを塗った手で煙草に火をつけようとして手に火が燃え移る様子を再現したもの。濃度の高いアルコールなどから発生した可燃性蒸気は低所に滞留しやすく、周囲の火気に引火する恐れがあるため、取り扱う際に十分な注意が必要だという。

 東京消防庁では、「消毒用アルコールのまわりに火気がないか確かめる」「直射日光の当たる場所や高温となる場所を避ける」と事故防止のポイントを説明。さらに、消防法ではアルコール濃度60%以上(重量%で計算)の消毒用アルコールは危険物に該当するため、貯蔵・取扱い量が80リットルを超える場合には届出が必要になるという(400リットル以上なら申請が必要になる)。事業所や施設などで一度に大量に発注して、まとめて保管する場合には法令などで定められている安全対策を講じることが求められる。

東京消防庁実験動画:https://youtu.be/o7Ye7I7VwCQ