兵庫・尼崎労働基準監督署は、令和2年2月に発生した労働災害に関連して、タンク製造・設置工事業の桑名工業㈱(兵庫県尼崎市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で神戸地検に書類送検した。労働者にクレーンを使用させる際、定格荷重を超過させて使わせた疑い。 

 労災は、同社工場で行っていた溶接作業中に発生している。溶接箇所を変えるため、クレーン2基で約10トンの金属製タンクを吊り上げたところ、タンクが労働者に激突している。

 クレーンの定格荷重はそれぞれ2トンと5トンだった。

【令和2年6月18日送検】