労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

2020年05月11日掲載【監督指導動向】

 岩手労働局は、令和元年12月に実施した建設工事現場に対する監督結果を公表した。104現場に臨検を行い、71現場で労働安全衛生法違反を確認した。違反率は68.3%。

 現場を内陸地域と沿岸地域に分けると前者の方が違反率は高い。内陸地域が81.3%に対して、沿岸地域は47.5%だった。

 違反項目をみると、「元方事業者、注文者の講ずべき措置等」が58現場で最も多い。「墜落防止措置」が44現場、「注文者の措置」が32現場で続いた。