労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

2020年03月10日掲載【労働新聞】

 厚生労働省は、「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等助成金」の詳細案を明らかにした。

 新助成金は、臨時休業した小学校などに通う子どもの保護者と、新型コロナに感染した子どもまたは感染した恐れのある子どもの保護者に対し、労働基準法上の年次有給休暇とは別に、賃金全額支給の有給の休暇を取得させた事業主を対象に支給するもの。今年2月27日〜3月31日において有給休暇を取得した対象労働者に支払った賃金相当額を助成する。上限は1日1人当たり8330円。

 休暇制度が就業規則などで整備されていない場合であっても、要件に該当する休暇を付与した場合は助成対象となる。