『シャイニング』の続編『ドクター・スリープ』こだわりの音楽制作秘話

『シャイニング』の続編『ドクター・スリープ』こだわりの音楽制作秘話

映画『シャイニング』の続編であるスティーヴン・キング原作の映画『ドクター・スリープ』が11月29日より日本公開される。本作の音楽を担当したザ・ニュートン・ブラザーズがローリングストーン誌に制作裏話を語ってくれた。

ザ・ニュートン・ブラザーズのアンディとテイラー・ニュートンは『ドクター・スリープ』の音楽を担当するに当たり、相当に神経質になったと言う。この作品は天才作家スティーヴン・キングと『シャイニング』の監督スタンリー・キューブリックを融合させているためだ。そんな神経質な彼らに、予想外の安らぎを与えたのがキャストの一人、いや、一匹の猫だった。

「この映画の作業をしていた18ヵ月間というもの、我々はかなり集中して、真剣にやっていた。ただ、ボンカーズがあまりにも落ち着いていたのがツボで、互いに顔を見合わせて笑っていたよ」と、アンディがローリングストーン誌に教えてくれた。このボンカーズとは、主人公ダニー・トランスの相棒猫アジーのことである。「こいつがとにかく可笑しくてね。誰かがストレスで参っていると、誰ともなしに『じゃあ、猫でも見てろ。あの猫は最高にリラックスしているし、お前もリラックスできるぜ』と言っていたんだよ」と。

2013年に発表された『シャイニング』の続編小説の映画版が公開されたばかりだが、この中のダニー・トランスは大人になっていて、オーバールックホテルの記憶に苛まれている。ダニーの父ジャック・トランスが正気を失って、家族全員を殺害しそうになったあのホテルだ。

1977年の小説『シャイニング』ではトランス家の背景が描かれていて、ジャックはアルコール依存症で苦しんいる。一方、『ドクター・スリープ』ではダニーが父と同じアルコール依存症に苦しみ、これを克服しようとする過程で、呪われたトランス家のさらなる背景が語られることになる。また、若い頃のダニーは吸血鬼のようなモンスター集団トゥルー・ノットと戦う。このモンスターは特殊能力を持った子供が餌なのだ。

映画『ドクター・スリープ』はマイク・フラナガン監督作品で(Netflixドラマシリーズ『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』)、キングの小説を完璧に再現しつつ、(キングがひどく嫌ったことで有名な)キューブリックによる映画版の要素もしっかりと入れ込んでいる。そして、キューブリック的要素は映画音楽にも入っているとニュートン・ブラザーズは言う。「マイクが作品の隅々まで広げてくれた結合組織をしっかりとフォローしたかった。そこで、『シャイニング』にどっぷりと浸かって、そこにある取り憑かれたような雰囲気の音符を集めた。前作と今作をつなげながら、まったく別の作品を作り上げることは、本当に困難な作業だったよ」と、テイラーが説明した。


ニュートン・ブラザーズには、オーバールックのモンスターとトゥルー・ノットのモンスターのキャラクターを、音楽で区別する任務が負わされていた。オーバールックのモンスターを音楽で表現するために二人は『シャイニング』を見返して、その中に登場する1400年代のグレゴリオ聖歌を発見したのである。「映画の邪魔をすることも、クレージーな音楽を作ることも嫌だった。だから、オーバールックの最後のシーンだけにこの音楽を使ったんだ。シンプルな聖歌を自分たち風にアレンジしてね」とアンディは語る。

トゥルー・ノットを表す音楽では、複数の楽器を組み合わせて得体のしれない楽器の音を作っている。「彼らは時代がかった存在で、ちょっとジプシーっぽくもある。彼らは至る所に移動しながら、その途中で物を手に入れて旅を続けているんだ。その雰囲気を音楽にも反映させたかった。そこで、特定の国や土地ではなくて、いろいろな文化圏の打楽器をランダムに選んで組み合わせてみたんだよ」と、テイラーが述べた。

トゥルー・ノットのボス、ローズ・ザ・ハット(レベッカ・ファーガソン)の音楽では、ハーディ・グランデという7.5メートルの木製サウンドボックスを使い、リズムの安定しない心臓の鼓動を組み合わせた。テイラーは「この不整脈風の心拍が、どうしても動かずにはいられない強迫観念的な要素を加えた」と明かした。

また、ダニー(ユアン・マクレガー)を表す音楽で、二人はサンフランシスコにある27.5メールのウィンドハープを使い、徐々に制御不能に陥って暴走するダニーの感情を表している。アンディが次のように説明した。「このウィンドハープも人間が容易に制御できる楽器じゃないというのが気に入った。つまり、これは人間のエゴがまったくない楽器なんだ。だってこの楽器を左右できるのはお天気だけだから」

ニュートン・ブラザーズに「恐怖を煽る音楽に最適な方程式というものがあるか」とたずねてみた。すると二人はしばらく無口になり考え込んでから、テイラーがこう答えた。「僕が恐怖を感じるのは、何かが大きく失われたときで、感情が完全に壊れた感覚を覚える瞬間だ。そして、さらに恐怖が煽られるのは、息苦しくなるほどの緊張感や沈黙があって、その後に聞く者の感覚を壊すほどのインパクトを持つ音楽が突然流れるときだね」と。




関連記事

Rolling Stone JAPANの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る