米ローリングストーン誌による、リアム・ギャラガーの最新インタビュー。ソロアーティストとして復活した彼が、オアシス再結成の条件と兄ノエルへの想いを語る。「俺をハイ・フライング・バーズに参加させて、アイツがそれをオアシスと呼ぶつもりなら、とんでもないことがヤツの身に起きるよ」

オアシス解散後、落ち着いた状況に戻るまでしばらくかかったとリアム・ギャラガーは認める。2009年に楽屋で兄ノエル・ギャラガーと殴り合いのケンカをしたことでオアシスは終焉を迎えた。それは昔ながらのパートナーを分かち、二人を音楽の荒野へと放り出した。オアシスのメイン・ソングライターだったノエルは冒険的な音楽を奏でるハイ・フライング・バーズを結成し、リアムは元オアシスのメンバーたちとビーディ・アイを結成。しかし、リアムですらビーディ・アイの頃は「それほど有益ではなかった」と認める。彼らは2014年に解散し、リアムはソロの道を選んだ。曲作りはグレッグ・カースティン(アデル、シーアなどに提供)、アンドリュー・ワイアット(ロード、レディー・ガガに提供)などプロのソングライターと共同で行い、リアムは彼が最も得意とする音楽に舞い戻った。そう、オアシス時代にデヴィッド・フリッケが「たくましいブリットポップ、ビートルズ風のバラッド」と形容したあの音楽だ。

リアムの新作『Why Me? Why Not.』もその流れを汲んでいる。彼は「ワンス」をお気に入りの曲と呼ぶ。この曲は失敗に終わったパートナー関係を振り返った内容だ。サビの部分で「夜明けが来ると、もう一度やってみようと強く思った、しかし結局は、できるのは一度だけ」と歌っているが、これは彼がいた伝説的なバンドについて暗示している可能性がある。「このレコードで一番ユニークな曲が『ワンス』だと思うよ」とリアムは言う。

この曲のニューバージョンがリアムの新EP『Acoustic Sessions』に収録されている。これは去年9月にイギリスのハル・シティで行なった「MTVアンプラグド」で演奏した曲を収録したサプライズ・リリースだ。また、「ワンス」のMVも公開された。これにはマンチェスター・ユナイテッドで活躍したサッカー選手エリック・カントナが主演している。監督は、リアムのソロ活動への旅路を描いた昨年のドキュメンタリー『Liam Gallagher: As It Was』を作ったチャーリー・ライトニングだ。昨年末、リアムは新しい音楽、兄との苦悩に満ちた兄弟関係、オアシス再結成の条件について語ってくれた。今週、リアムは「兄ノエルがオアシスの再結成ツアーのギャラ1億ドルを蹴った」とツイートし、ノエルは「そんな話は聞いたこともない」とリプライした。そして同じツイートで「シングルのプロモーションをしたいヤツがいることは十分承知しているし、そこに混乱が起きているのかもな」と続けた。



―最新アルバムはしばらくぶりに出た傑作だと思います。

リアム:ああ、俺もこのアルバムが大好きだ。良い曲もけっこうある。俺、アンドリュー(・ワイアット)、グレッグ・カースティン、サイモン・アルドリッジでやると良い結果がでるんだ。連中のような良いソングライターがいて、今の俺はラッキーだよ。

―2枚目のソロアルバムということで、難しさもあったのでは? 1枚目なら何でもできるじゃないですか。

リアム:どうだろう、2枚目でも1枚目と大差なかったよ。1枚目と全く違うことはしたくなかった。だから同じことをもう一度やったよ。つまり、良い曲、良いプロダクション、良い声、良い歌詞ってこと。その点では3枚目も同じだな、たぶん。このジャンルの音楽が一番好きだし、俺のファンが好きなのもこのタイプの音楽だと思うし……わかるだろ? 俺たちがレゲエのレコードを作るなんて絶対にない。レゲエに異論があるわけじゃないし、レゲエも好きだよ。でも、俺は自分の音楽がどんなものか知っているし、今後もそれを続けるってことさ。

―ソロになってソングライターに転身してみて、今のところどんな感じですか?

リアム:う〜ん、ソングライターとしての自分はまだ信用できない。どっちかと言えば、俺はシンガーだから。ちょっと慣れない感覚だ。でも俺一人で1曲まるまる作ったら良い曲にはならないと思う。手助けが必要だよ。だから、仕事のできる連中に曲を任せたいと思うわけだ。アルバム1枚分の曲を作ることはできるよ。でもラジオで流してもらえる曲はゼロだろう。な? わかるだろ? みんなに自分の曲を聞いて欲しいんだよ。

―オアシスのレガシーは本当に素晴らしいものです。今の方がオアシスを聴く人口が増えているようですし、その存在感は今でも健在ですよ。

リアム:まあな、うん、オアシス時代は良い時代だったよ。でもビーディ・アイ時代はそれほど有益ではなかった。とは言え、今のソロ活動はけっこう上手く行っていると思うよ。ただ、みんなが俺のところに戻ってきて、俺の音楽を気に入るまで、しばらく時間が必要なんだと思う。わかるだろ? 連中が俺の音楽を気に入っていないと言っているわけじゃない。でも俺もファンも、俺が元通りになるためにはある程度の冷却期間が必要だってわかっていたと思う。私生活でのゴタゴタも解決しなきゃいけなかったし。でも、戻ってこられて俺は嬉しいよ。このままずっと続けたいと思う。

―オアシスの直後にビーディ・アイを始めたので、それまでを見つめ直す時間がなかったのでは?

リアム:うん、確かにオアシスが解散したとき、俺たちはそんなことは起きて欲しくなかった。でも、ノエルがキレちまって、もう家に帰るって。でも、俺たちはあのままツアーを続けるべきだと思った。ヤツが下船したからって俺たちも一緒に下船する必要はないわけだし、だよな? だから、うん、ビーディ・アイをやっていた時期も楽しかったよ。でも(しばらくすると)ギグの予約が目減りしていった。だから、そろそろ新しいことをするタイミングだと思ったね。このバンドで良いレコードも作れたし……ってね。

この投稿をInstagramで見る Liam Gallagher(@liamgallagher)がシェアした投稿 - 2020年 1月月13日午前9時58分PST
―あなたのドキュメンタリーで好きな場面が、長兄ポールとのアイルランド旅行です。

リアム:ああ、そうか。俺たち、ギネスバーで飲んでたよな。俺はポールが大好きなんだ。

―ギネスバーはどこにあるのですか?

リアム:メーヨーにある。チャールズタウンという俺の母親が生まれた町だ。あの町にできるだけ足を運ぼうと思うんだけど、結局はパブで過ごすことになっちまう。

―どんなときにパブに行って、何を飲むのですか?

リアム:最初はラガーだ。5杯ぐらい飲むと飽きるから、次にテキーラに行く。そして、ギネスを2杯くらい飲むかな。酒なら何でもオーケーだし、何を飲んでも問題ない。酒好きだから。

―飲酒と健康のバランスはどう取っているのですか? 大酒飲みには見えないようですが。

リアム:ツアーが近づくと少し控えるようにしているよ。それに走るのが好きだし、食べるものにも気を使っている。でも、腹筋を割るつもりなんてさらさらない。47歳にしちゃあ、この体型は悪くないよ。飲酒歴25〜30年っていうのに。

―今面白いと思う音楽は何ですか?

リアム:ないね。全然ない。スロウタイ(slowthai)という新人がいるんだけど、アイツは才能があると思うね。グライム系のラップだけど、アイツは好きだ。かなりクールだし、政治的でもある。とは言え、俺をぶっ飛ばすようなものは全くないな、マジで。



―ドキュメンタリーにはあなたが投稿した数々のツイートも登場します。

リアム:ああ、Twitterが好きでね。ファンと交流するのが好きなんだよ。彼らの反応がわかるっていいよ。俺についての戯言も相当書かれているけど、ほとんどが嘘っぱちだ。だから、俺の本心をファンに知ってもらえるって最高だよ。

―世間が誤解していることとは、例えばどんなものですか?

リアム:はっきりとは覚えちゃいけないけど、ちょくちょく出てくる戯言だよ。ほら、俺が必死にオアシスの再結成を望んでいるとか。でもな、切望なんてしてないぜ。大体、俺は必死になることがない。「ああ、確かにヤツは必死だね」とか言うヤツが多いけど、俺にとっちゃどうでもいいことだよ。現状に満足しているからな。俺たちは解散すべきじゃなかったんだよ。わかるよな? こんなことを言うから、世間は俺がオアシスを再結成させたくて必死だと勘ぐる。でも、それは本当じゃない。もう一度やれたらいいってくらいで、俺は必死じゃねぇよ。

―オアシス再結成に関して、これまでもらった中で一番クレイジーだったのはどんなオファーでしたか?

リアム:えーっと、そういう話は俺には来ないね。それはノエルのマネージャーに行くんだと思う。そいつはオアシスのマネージャーだったから。だからどんな話が来ているのか、俺にはわからないし、話も聞いていない。でも、もし再結成するなら、次は50:50だ。本当だぜ。ノエルは俺には骨を与えるつもりらしいがな。ヤツが肉を食ったあとの骨だけなんて冗談じゃない、50:50じゃなきゃ。それにバンドのメンバーも俺が決める。俺をハイ・フライング・バーズに参加させて、アイツがそれをオアシスと呼ぶつもりなら、とんでもないことがヤツの身に起きるよ。ボーンヘッド(ポール・アーサーズ、オアシスのオリジナル・ギタリストの一人)を入れて、バンドをめちゃくちゃにしてやる。

―お兄さんにもインタビューしたのですが、そこであなたのソロ活動について「ヤツの頭に少しでも脳みそがあれば(オアシスの曲を)たくさんやるはずさ。だってヤツの曲は本当にひどいものだから。俺たちの一人は相変わらず90年代に囚われていて、イワシ漁でノルウェーに行く漁師のような格好をしている」と言っていました。

リアム:うん、そうか。あのヘナチョコ野郎がしているジョージ・ブッシュみたいな格好よりも、漁師スタイルを選ぶよ、俺は。本当のことを教えてやるよ。あのクソ親父は正気じゃない……アイツが何を言っているのか、理解に苦しむぜ。

―彼の新作は聴きましたか?

リアム:ああ、聴いた。残念なことに、聴いちまった。

―感想は?

リアム:よくわからない。まあ、冗談はさておき、今のヤツには良い曲を作れないと思う。あんな曲をアコースティック・ギターで弾いたら、みんなに笑われるぜ。とにかくアホみたいな音楽だよ。ヤツは自分をデヴィッド・ボウイだと考えているようだが、ボウイじゃない。あれは俺が聴きたい音楽じゃないし、俺は90年代に囚われたままで満足さ。


2005年8月21日、Vフェスティバルで演奏するリアム・ギャラガーとノエル・ギャラガー。(Photo by James Mccauley/Shutterstock)

―ドキュメンタリーではバンドを解散せしめた数々のケンカも描かれています。もちろん、ケンカだけではなかったと思いますが、もう一度殴り合いのケンカをすれば兄弟が元通りになるんじゃないかとも思いますが。

リアム:いや、そんなにいろんなことはなかったよ、実際には。何も起きていなかった。俺たちは普通だったよ。些細ないざこざは常にあったけど、俺が思うに二人ともやめたかったのさ。「なあ、何ならソロでもやればいいだろう」と言って、明らかに仕掛けてきたヤツがいて、そいつは「やめた」と言って去った。でもそいつこそが未練たらたらなんだよ。ヤツはバンドを辞めて、新たなポール・マッカートニーになって、スタジアムを満杯にすると思ったはずだ。それが裏目に出ちまったな。 

ヤツがソロレコードを作りたいとしても、俺はヤツの父親じゃないし、母親でもないし、俺を犠牲にしてバンドを解散する必要はないだろう? 「もううんざりだ。俺はやめる」と言って背を向ければいいだけだ。俺がケンカ早いと知っていて、何度も騒ぎを起こす必要なんてない。バンドを離れて自分でやりたいことがあるなら、離れてやればいい。それをする代わりに、俺が我慢ならない怪物みたいなイメージをでっち上げて何になるってんだ。な? わかるだろ? 俺はかなり冷静だぜ。

―あの頃にオアシスを見ていないファンのためにも、一度だけでもツアーを実現できませんか?

リアム:ああ、でも、どうなるかは神のみぞ知るだな。吉と出るか、凶と出るか。どっちにも転ぶ可能性がある。金のためでも、一回きりのツアーでも、元に戻るとしたら……もう一度仲間にならないとだめだな。な? わかるだろ? もう一度仲間になれたとしたら、かなり画期的だ。でも仲間になることなしに再結成したら、時間の無駄でしかない。「ロックンロール・スター」の最初のサビまで持たないと思うよ。ヤツに中指立てておしまいだね。

―自分の新作について言い残したことはありますか?

リアム:ないよ。聞いたままだから。気に入ったら買ってくれ。気に入らなかったら、他のレコードを買えばいい。がん治療じゃないんだぜ。音楽なんだから。みんなの喉元に押し付けるナイフのように自分の音楽を推すつもりはない。だって聞いたままから。