2019年9月に書籍『なぜアーティストは壊れやすいのか?』を出版した、音楽学校教師で産業カウンセラーの手島将彦。同書では、自身でもアーティスト活動・マネージメント経験のある手島が、ミュージシャンたちのエピソードをもとに、カウンセリングやメンタルヘルスの基本を語り、アーティストや周りのスタッフが活動しやすい環境を作るためのヒントを記している。そんな手島が、日本に限らず世界の音楽業界を中心にメンタルヘルスや世の中への捉え方を一考する連載「世界の方が狂っている 〜アーティストを通して考える社会とメンタルヘルス〜」をスタート。第11回は「依存症」をテーマに、産業カウンセラーの視点から考察する。

今までに何人ものアーティストたちが、薬物やアルコール等への依存によって命を落としてきました。また、事件として大きく報道されることも多く、その度に様々な意見が世の中には溢れます。違法な薬物の摂取や所持は犯罪ですが、同時にそこには依存症という病気の側面があります。

依存症には主にふたつあります。ひとつは「物質への依存」です。薬物やアルコールなどのように、精神に依存性のある物質の摂取を繰返しているうちに、自分でもコントロールできなくなってしまう症状です。もうひとつは、「プロセスへの依存」です。特定の行為や過程に必要以上に熱中し、のめりこんでしまう症状です。

それらをやめられない理由は「脳の問題」にあります。決して「意志が弱いから」「心が弱いから」ではありません。脳の状態が変化して、自分の意志ではやめられなくなっている「欲求をコントロールできなくなる病気」なのです。そして、依存症はどんな人でもそうなってしまう可能性があります。

プリンスは強力な鎮痛剤「フェンタニル」の過剰摂取が原因で2016年に他界しました。「パープルレイン」のツアーの頃から股関節の痛みを訴えるようになり、その痛みを抑えるために医師から処方されたのがきっかけとなったようですが、周囲の親しい人たちは、彼が音楽以外にはほとんど関心を持たず、信仰心が厚いことも知られていて、薬物どころか飲酒の習慣さえないクリーンな生活を送っていたと証言しています。このように、依存症は人を選ばないということです。



また、厚生労働省のホームページの依存症対策に関するページには、依存症は「孤独の病気」とも言われると書いてあります。様々な環境に馴染めない孤独感や、常にプレッシャーを感じている状況などによる焦りや不安から依存症に至るのです。イーグルスのジョー・ウォルシュは、生まれながら「注意力散漫、強迫神経症、若干のアスペルガー的症状」を抱えていて、その特性故に「俺は怯えていた。本気で怯えていた。だって、自分が馬鹿に思えたし、孤独だったし、誰も理解してくれなかったのだから」と語っています。そうした孤独や孤立という背景を抱えたままミュージシャンとしての活動を始めた彼は、アルコールや薬物の依存症となっていきます。

精神科医の松本俊彦氏は「この病気をこじらせるのは孤独、あるいは排除や差別なんです。だから、ぜひ受け入れてほしいと思います。それから、30年前の啓発標語に、『人間やめますか? 覚醒剤やめますか?』というのがありましたが、あれはウソです。人間は薬を使っていても使っていなくても人間だし、単に覚醒剤をやめることが必要だというだけですよ」と語っています。

「アーティストは孤独な存在だ」とか、「アーティストには孤独が必要だ」と言われることがあります。ノーベル文学賞を受賞した作家、アーネスト・ヘミングウェイは、その授賞式でのスピーチで「書くことに最良なのは、孤独な生だ」と言っています。また、レディー・ガガも、アーティストなのだから孤独であるべきだ、と語っています。そのように、なにかを創造するときに、孤独であることは効果的な場合もあるでしょうし、その才能や個性ゆえに、アーティストは孤独を感じやすい面もあるかもしれません。

しかし、孤独には、自らが選んだ孤独と、そうではない孤独があります。自らが選んだ孤独は、なにかに没頭したり、周囲から受けるストレスから解放されたりと、ポジティブに作用する場合があります。しかし、例えば誰かと死別したとか、自分のせいではなく社会的に孤立させられている場合などは、自らが選んだわけではない、望まない孤独であり、それはネガティブに作用してしまうことがあります。そして、ネガティブな孤独は、依存症という病へ至る原因になる可能性があります。仮にアーティストに「孤独に陥りやすい」特性があるとしても、それは本人のせいではなく、そうしてしまう環境に問題がないか、一度立ち止まって考えてほしいと思います。また、これはアーティストだけに限った話ではなく、すべての人にも通じることでしょう。

依存症は「脳の病気」ですから、自分たちだけで何とかしようとするのではなく、まずは、周囲の人が専門の機関に相談して、適切なサポートのしかたを知ることからはじめます。最初から当事者本人を連れて行く必要もありません。厚生労働省のホームページでは、地域にある保健所や精神保健福祉センターのような専門の行政機関に相談することが薦められています。それ以外でも、ダルクや自助グループに相談しても良いでしょう。薬物依存者は薬を使っているということを常に隠しているために、誰といても孤独である、という側面もあります。そうした場では、自分の気持ちや状況を正直に話すことができ、それが孤独から回復する一歩にもなるのです。

参照
プリンスは依存症患者たちを救えるか──その死から学べること
Forbes JAPAN 2016/06/08 Cj Arlotta:https://forbesjapan.com/articles/detail/12430

厚生労働省「依存症対策」:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000070789.html

『リンゴ・スターとイーグルスのジョー・ウォルシュが語る、長年苦しんだアルコール中毒と薬物依存症の苦悩』RollingStone 2019.03.20 SARAH GRANT:https://rollingstonejapan.com/articles/detail/30276/1/1/1

「松本俊彦さんインタビュー(下)薬物依存症の治療プログラムとは?」(ヨミドクター2016年12月14日)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161212-OYTET50030/

レディー・ガガ、自分は「孤独」と結婚したと語る(rockinon.com 2011年8月26日)
https://rockinon.com/news/detail/56847


<書籍情報>


手島将彦
『なぜアーティストは壊れやすいのか? 音楽業界から学ぶカウンセリング入門』

発売元:SW
発売日:2019年9月20日(金)
224ページ ソフトカバー並製
本体定価:1500円(税抜)
https://www.amazon.co.jp/dp/4909877029

本田秀夫(精神科医)コメント
個性的であることが評価される一方で、産業として成立することも求められるアーティストたち。すぐれた作品を出す一方で、私生活ではさまざまな苦悩を経験する人も多い。この本は、個性を生かしながら生活上の問題の解決をはかるためのカウンセリングについて書かれている。アーティスト/音楽学校教師/産業カウンセラーの顔をもつ手島将彦氏による、説得力のある論考である。

手島将彦
ミュージシャンとしてデビュー後、音楽系専門学校で新人開発を担当。2000年代には年間100本以上のライブを観て、自らマンスリー・ライヴ・イベントを主催し、数々のアーティストを育成・輩出する。また、2016年には『なぜアーティストは生きづらいのか~個性的すぎる才能の活かし方』(リットーミュージック)を精神科医の本田秀夫氏と共著で出版。Amazonの音楽一般分野で1位を獲得するなど、大きな反響を得る。保育士資格保持者であり、産業カウンセラーでもある。

Official HP
https://teshimamasahiko.com/