アカデミー賞で歌曲賞を受賞してから17年ーー。今年の授賞式で映画『8 Mile』の「Lose Yourself」を披露した理由を、エミネムが明かしてくれた。

エミネムによる「Lose Yourself」のサプライズパフォーマンスは、アカデミー賞授賞式の夜の紛れもないハイライトのひとつであり、もっとも不可解な出来事だった。アカデミー賞に輝いた「Lose Yourself」を17年後のいまになってなぜ披露したのか? 映画『8 Mile』の主題歌である同作は、2003年に歌曲賞に輝いたものの、エミネムは授賞式に参加していない。

米ヴァラエティ誌のインタビューでエミネムは、アカデミー側から過去の歌曲賞受賞作のトリビュートを企画しており、そこには俳優・作曲家のリン=マニュエル・ミランダが紹介する『8 Mile』のモンタージュ映像も含まれている、と伝えられたことを明かした。プロデューサーたちがエミネムに出演を持ちかけたタイミングは完璧だった。エミネムは11作目のスタジオ・アルバム『Music to Be Murdered By』をリリースしたばかりだったのだから。

「[2003年に]披露する機会がなかったから、クールかなって思ったんだ」とエミネムはヴァラエティ誌に語った。「当時は受賞するなんて思ってもいなかったし、アカデミー賞の2週間前にグラミー賞でザ・ルーツと一緒に「Lose Yourself」を披露したばかりだったから、良いアイデアだと思えなかったんだ。それにあの頃、若かった俺はアカデミー賞ほどの規模のイベントが俺のことを本当にわかってくれると思っていなかった」。

リハーサル中はドルビー・シアターが施錠されるなど、エミネムのパフォーマンスは極秘扱いとなった。さらには、万が一情報が漏れた場合、エミネムはパフォーマンスをすっぽかしてもいいことになっていたのだ。

さらにエミネムは、「Lose Yourself」が歌曲賞を受賞した時は、起きてさえいなかったと語った。「たぶん、娘と一緒に自宅にいて——テレビでも観なかった」とエミネムは言う。「翌朝[娘の]ヘイリーが学校に行くのに早起きしなければいけなかったから、あの時、俺は寝てたんだ」。

遅ればせながらのアカデミー賞でのパフォーマンスを満喫できましたか? という質問に対し、エミネムは「もちろん。サルマ・ハエックとハグできた!」と答えた。