検査の結果、ボン・ジョヴィのデヴィッド・ブライアンが新型コロナウイルス陽性であることが判明。米現地時間21日、ロックの殿堂入りを果たしたバンドのキーボーディストがソーシャルメディアで告白した。

米現地時間21日、2018年にロックの殿堂入りを果たしたボン・ジョヴィのキーボーディスト、デヴィッド・ブライアンが新型コロナウイルス陽性であることをソーシャルメディアで明かした。

「今日、検査結果を受け取ったところで、新型コロナウイルス陽性であることがわかった」とブライアンはInstagramに投稿した。「一週間具合が悪かったけど、日に日によくなってる。だから、どうか怖がらないでほしい! これはインフルエンザであり、疫病なんかじゃない」。

ブライアンは次のように続ける。「一週間自主的な隔離措置を取ってきたけれど、もう一週間延ばそうと思う。この厄介なウイルスとおさらばできたことを確認するため、体調が良くなったらもう一度検査を受けるつもりだ。みんなで助け合おう。アメリカのすべての人が協力したら、これはすぐに終わるんだ!」

ウイルスに感染した経緯についてブライアンは詳しく語っていない。新型コロナの感染拡大の数週間前、ブライアンは故ダイアナ妃を描いた共同作詞・作曲の新作ブロードウェイミュージカル『Diana(原題)』の上演に向けて準備していた。『Diana(原題)』は3月末から上演される予定だったが、新型コロナの感染拡大を受けてブロードウェイの劇場は閉鎖中だ。

先日、ボン・ジョヴィは2020年にぴったりのタイトルの新作アルバム『ボン・ジョヴィ2020』の5月15日リリースを発表したばかり。ライブ業界を支配しているウイルスの勢いがおさまれば、7月から夏の北米ツアーを予定している。

同じく自己隔離中のジョン・ボン・ジョヴィは、シカゴ市民による「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」合唱企画のためにTwitterでメッセージを寄せた。

この投稿をInstagramで見る I just got my results back today and tested positive for corona virus. Ive been sick for a week and feeling better each day. Please dont be afraid!!! Its the flu not the plague. Ive have been quarantined for a week and will for another week. And when I feel better Ill get tested again to make sure Im free of this nasty virus. Please help out each other. This will be over soon... with the help of every American !! David Bryan(@davidbryanmusic)がシェアした投稿 - 2020年 3月月21日午後1時50分PDT