ASKA待望のニューアルバム『Breath of Bless』がリリースされた。発売前からASKA自身が「自身の最高傑作」と言っていた本作。J-POPの領域を超えたポップスたちが揃った傑作に迫った。

―コロナウイルスの影響で、去年末からスタートしたツアー『billboard classics ASKA premium ensemble concert -higher ground-』の一部が延期になっていますが、僕は2月11日の東京文化会館 大ホールでの公演を拝見。CHAGE and ASKAの曲を思いきり演奏している印象がありました。

ASKA:なんかいろんな意味で吹っ切れたんです。今回、CHAGE and ASKAの人気曲と言われる「HEART」や「BIG TREE」をソロで演奏する時に、ソロだからアレンジを変えることも考えてはいたんですよ。でも、この楽曲のキャラクターはこのイントロがあってこその楽曲だからってことで、それを「一人で歌うだけじゃないか」ということを自分に言い聞かせた後は、もうその気持ちで歌えました。もし妙に気を遣ってやってたら今までと一緒でどこかモヤモヤしていたのかも。だから、いろんな意味で吹っ切れてやれたライブでしたね。

―”吹っ切れた感”はものすごく感じました。変な話ですが、チャゲアスのライブ用に温存しておいた代表曲ももう温存しなくていいんだっていうか。もう解禁だというのが伝わるセトリでしたし。

ASKA:実は、2010年の『ASKA 10 DAYS SPECIAL グッバイ&サンキュー 東京厚生年金会館-ここにあなたの足跡を-』という新宿厚生年金会館の最後のライブの時に、それまでソロではチャゲアスの曲はやってなかったのですが、あの時にチャゲアスの曲をやったんですよ。このタイミングでソロでやっておかないと、解散なり脱退の状態を迎えた時にやれなくなると思ったんです。「前からやってたじゃないか」と、言えるように。あの時にもうすでにその準備に入ってたんです。そういう意味では、ソロでチャゲアスをやることは特別なことではなかったんです。ただ、今までは少しアレンジを変えてたりしてたので。でも今回は全然その必要はなくやりました。

―そしていよいよアルバムリリース。考えてみたら『Too many  people』(2017年2月)と『Black&White』(2017年10月)は、2018年11月の再始動コンサート前のリリースだったので、世間的にもそういう空気の中で受け止めた作品でした。今回は事件とも関係なく、しかも再始動後にツアーも3本、海外公演も成功させ、純粋なASKAさんのアルバム。ご本人は前作2作と比べてそういう意識はありましたか?

ASKA:1発目の『Too many  people』から事件云々はあんまりなく、僕よりも世間の方がそういう空気でしたから。そこには合わしちゃいけない、楽曲は楽曲だと思ってやってました。今回のアルバムで特筆すべきことは、一昨年に半年間続けて、3月から8月まで毎月一曲ずつ配信したことですね。あれは良かったかな。一曲ずつとなるとアルバムテイストの曲を発表してもしょうがないわけです。毎月”これだぞ!”っていうにはやはりシングルの強さがないとダメなんで。で、6曲出した時点で、6曲ともすごくいい反応だったんです。それを1年続けようと思ったら続けられたわけなんですが、でも1年続けたら12曲になっちゃう。そしたらもうそれはベスト・アルバムになっちゃうでしょ? それはアルバムとしては面白くない。6カ月したところで、これはもうなんの問題もないな、できるなと思ったので、「今月で毎月配信は辞めさせていただきます。あとはアルバムで聴いてください」ってことにしたんです。そのあとにシングルとして去年の11月に「歌になりたい」「Breath of Bless〜すべてのアスリートたちへ」を出したので、合計8曲を発表したことになりました。ですから、アルバムとして喜んで頂けるよう、そこから7曲をアルバムならではの楽曲で作りましたね。

―アルバム全体としては大きくイメージしたコンセプトはあったのですか?

ASKA:ないです。全曲いいと思わせたい、それだけですね。


「39年前に見た空」の意味

―まさに「素晴らしい!」と言わせる楽曲が揃いましたが、国文学者の石原千秋氏が「ASKAさんの歌詞には謎が仕掛けられていて、多様な解釈できるのがおもしろい」と言っている通りの深い内容なので、既に発表していた8曲も含めて、楽曲解説をお願いしたいんです。まずはアルバム1曲目の「憲兵も王様も居ない城」。これは何の比喩なんですか?

ASKA:これはもう、ずっと続いてたんだけど、CHAGE and ASKAっていう屋台骨がハリボテだったような気がしてて。結局そのハリボテの城を死守することを一生懸命やっていた時期が続いていたので、もう十分だなと。そこに労力をずっとかけてきたので、もう俺は先に出るよってことで。それだけの曲です。

―ある意味チャゲアスから旅立ちの歌なんですね。2曲目の「修羅を行く」は<偉そうな言葉にゃ温度がない 戦車な勇気で修羅を行く>という歌詞もあり、今の日本社会のことを歌っているのですか?

ASKA:これは自分のことを歌っています。ただ、歌詞はメロディが呼んだものだという風に受け取ってくれればと思います。なので、歌詞をどういう受け取り方をしてもらってもOKです。この曲に関しては、自分の中ではブルースロックというものを一回やってみたいと思って作りました。この曲のコード進行ってもうブルースの王道でしょ? でもやっぱり僕はポップスなので、サビからいきなりドンっとポップスになるように展開してます。

―結構ブルースも聴くのですか?

ASKA:あんまり聴かないですね。あくまでも僕の中のブルースのイメージの曲だし、いろいろやっていたいですよね。いろいろやってみるのが自分だと思っているので。

―それで言うとM4の「未来の人よ」はポエトリーリーディングから始まります。

ASK:ステージにおいて僕はよく曲の前に語りをやるんです。その語りにすごくお客さんが入り込んでくれるんですね。それはなぜかと言うと、歌詞の場合はメロディがついてるから、言葉を追いながら進むしかない。でも語りの場合は、言葉は途切れないから、どんどん言葉が入っていくんです。で、その語りの後に曲に入ると、その曲の世界感がぐんと広がる。だったらライブだけではなく、曲の中でやってしまおうと思って。で、この曲は語りから始まってるんです。


ASKA(Courtesy of DADA label)

―なるほど。語りの部分と、歌の部分では言葉の温度感が違う感じがします。語り用の詞、歌う用の詞では書き方も違うんですか?

ASKA:いえ。語りの部分で、<39年前に見た空を僕は覚えている>と先に伝えておいて、歌の部分で<この空は>と歌っています。つまり、語りの部分が前フリなんです。

―ちなみに、実際に39年前に空を見上げたことが?

ASKA:ありました。CHAGE and ASKAは1979年のデビュー。ノストラダムスの大予言の時だったかな、世の中どうなってしまうんだろうっていう時代でした。でも東京に住居を構えたある雨上がりの朝、空気がものすごく澄んでいて、本当に綺麗だなって思ったんです。この瞬間のこの景色を、この空気の透明感を絶対覚えておこうと思いました。マンションから出てきた時にすぐ空を見上げて、その空を覚えたんです。

―何かメモをしてたんですか?

ASKA:いや。ただ覚えてましたね。しかも、2回それがあるんです。1度目はそれと、2度目は、「万里の河」のあと何をやってもヒット曲が出なくて……。ライブでは、全国どこに行ってもお客さんは集まってくれてるのにシングルヒットが出ない。自分の中では書き手として苦しかったんです。ヒット曲が出ないのが。その後レコード会社を移籍しました。ちょうどその頃、音楽業界は一変していました。アーティストが作曲において、コンピュータを導入し始めましたからね。前のレコード会社が悪かったということではありません。自分の作曲方法が新しいところにたどり着いたからです。移籍してすぐ「モーニング・ムーン」がトップ10入りしました。その日の朝マンションから出てやっぱり空を見た時に、この瞬間のこの気持ちと空気を覚えておこうっていうのがありました。なので、今までに2回あるんです。空を見上げて忘れないでいようと思ったことが。


ASKAが伝えたい「気持ち」

―その過去の経験から始まって、歌の部分では<今 僕たちは愛に気づいてる>と現在の気持ちを謳っていますね。

ASKA:僕が伝えたかったのは、まさにそこの部分なんです。言葉って変わっていくものです。そもそも、人類が誕生した頃、言語は一つしかなかったと言われています。それが今や地球上に7000言語ぐらいあるんです。で、この7000言語の中身もおかしいわけです。例えば、日本語から何かの言葉に変わったとしたら、一つ一つの言葉が違うだけで、文法的な並びは一緒なはずです。だけど世界の言語は文法もバラバラです。一つの言語から始まったのに、文法まで変わってしまうっていうのは絶対おかしいんですよ。で、未来の人に向けて自分たちが伝えられるのは何かなって考えた時に、言葉ではないなと。気持ちだなと。それで僕は”愛”という言葉を使ったんです。その”愛”を自分たちは知っていると、もう気づいていると。これをメロディに乗せたんです。で、ここは映画『未知との遭遇』と繋がるんですけど、あの映画で地球外生命体とのコンタクト方法は、タ〜ラ〜リ〜ララって音だった。その音は12個しかないわけで、12個の音を組み合わせて、気持ちを伝えていく。それをヒントにその曲を書いてみたんです。

―なるほど。言葉は決して普遍的なものではないので、時代を超えて伝えられるのは、愛に気が付いたという普遍的ともいえる気持ちを未来に向けて歌っているんですね。

ASKA:そうですね。今の自分が未来の人に向けて歌っています。しかも、そういう歌って振り返ればそうそうないんですよね。大きなテーマですから。わずか100年前の人のことを僕たちは誰も知らないわけです。当然、何百年って経ったら僕たちのことなんかもう全く知らない人たちがこの星には暮らしています。そういう人たちに伝えることができるのは、今の言葉ではなく「気持ちだ」と。そんなことをふと思いましたね。「僕たちの愛は届いているだろうか?」と。

―とても壮大なビジョンの歌なんですね。面白いのが次の曲「忘れ物はあったかい?」では、過去のことを歌っています。ASKAさんの中で未来に想いを馳せる曲と、過去に想いを馳せる曲がありますが、どちらの方が書きやすいとかありますか?

ASKA:僕は過去も現実も未来も全部同じようにあります。それは楽曲でより分けてないです。でも今をくぐり抜けていく、今を生きるということが一番のテーマかもしれないですね。ちなみにこの「忘れものがあったかい?」は提供曲なので、自分のことを歌っているわけではないんです。

―「未来の人よ」の壮大な曲がある一方で言葉遊びのような歌詞の曲もありますね。M7の「イイ天気」には剣道好きなASKAさんらしく<コテ・メン・ドウ>という言葉が出てきます。

ASKA:コテ・メン・ドウ、そして本当はその後はツキなんですけど、ツキを好きに変えたんです。この歌には<古い自分と戦え>っていう歌詞が出てくるんです。「戦う」って言葉は、今、剣道を再開した僕とっては、単純に剣道と直結します。本当は「戦い」ではく「鍛える」ですけどね。そこは歌詞の面白さ。自然にコテ・メン・ドウが出てきました。

―M9「じゃんがじゃんがりん」はどういう意味なんですか?

ASKA:じゃんがじゃんがりんは、曲を作っている時に何気なく出てきた言葉です。普段はラララでやるんだけど、その時はじゃんがじゃんがりんって出てきたんです。それがすごくキャッチーだったので、YAH YAH YAHやラララと一緒で、もうフレーズとして残そうと思って。なので、そこには何の意味もないんです。声という楽器のフレーズとして受け止めてください。


Courtesy of DADA label

―その言葉に呼ばれるように軽快な歌なんですが、歌の途中にポーンと<our future is uneasy>と出てくる。なぜあえてしかも英語で意味深い言葉を入れたのですか?

ASKA:この楽曲を作ったのは、もう7年前ぐらいなんです。その頃は温暖化まっしぐらの状況だった。だけど温暖化の次に何が来るかは知ってたんです。実は、地球は灼熱と極寒を繰り返しているだけなので。ちょうど灼熱から極寒に移る、人類が生きられるだけの温度の時に我々は文明を作ってるだけなんです。だから、<うだる 溶ける首都がうだる>と歌い、次のフレーズでは<冷える 街がキンと冷える>と歌っているんです。で、そこの対比を出しとおいて、でも結局一番世の中がおかしくなっていったのは、すぐ隣の人が怖い、危ないかもしれないという状況です。最近は満員電車の一両に一人は必ず変な人がいると聞きます。街の中でも普通の顔して歩いている人が怖い人かもしれない。そういう時代背景を考えると未来は決して簡単じゃない。でもそれをストレートに書くと生々しいから英語にしただけです。


アーティスト=ASKAが発するものに興味を持ってほしい

―このアルバムの一つのクライマックスM10「歌になりたい」に関しては前回ロングインタビューをしているので今回は割愛します。M11「消えても忘れられても」はご自身のことですか?

ASKA:自分の価値って何だろう?って誰もが思うことがあるはずです。つまり、全てはやっぱり、みんな自分のために生きてるんです。誰かのために生きてるんじゃなくて、最後は自分なんです。こういうことをしてこうやって相手を幸せにしたい。それも幸せにしたいって思っている自分が喜びなんです。結局自分なんですよ。世の中のために何かをやりたい、出来た、その喜びは自分なんです。そう考えた時に、君も含めて、70億の民の中で、たった一人でもいい、”この人を幸せにできた”、つまり自分以外の誰かを幸せに出来たって本当に言える自分がいるだろうかと。もし、言える人がいたら会ってみたいなと思っていて。それでこの曲の後半に<愛になれるかい?>って歌っているんです。愛って無償なんです。愛って始まりも終わりもないぐらい果てしないものだから。”愛が全て”っていう歌をある時期からみんなが歌い出したんけど、本当にそうだと思うんです。だけどただ単にフレーズとして歌ってる時もある。僕もそうだったので。でも、ある時に本気でそこに気が付いたんですよ。で、そう思えるようになってからは、自分はここの仲間入りができたなった喜びを感じようになったんです。もちろん、言葉ではいくらでも言えるんだけど、本当にそれに気が付ける人ってやっぱり幸せだなと思うんです。自分は気がつけてよかったと思っていますね。



―気づけたのにはきっかけがあったんですか?

ASKA:何がきっかけってことではなくて。でもいろんなことを経験し積み重ねて、やっぱり最後は愛ですよね。それしかないです。

―メッセージも含めて、このアルバムの曲はJ-POPの粋を越えていますが、その極めつけがM14「We Love Music」。曲のスケールがとにかく大きくて驚きました。

ASKA:今までのソロコンサートだと、「晴天を褒めるなら夕暮れを待て」を歌った時に、みんなピークを迎えるんですよ。なので、その曲はライブでは外せない感じだったんですが、前回のアルバムで書いた「今がいちばんいい」が最近のライブではそうなりつつあったんです。「今がいちばん〜」はサビで会場のみんなが一緒に歌ってくれて、それがとにかく楽しくてね。で、今回一緒に歌うっていうことを大前提に作った曲がこの「We Love Music」です。

―先日お邪魔したライブでも新曲にもかかわらず既に大合唱が起きてましたね。

ASKA:そう! でも、お客さんに、ライブで歌わせるのが苦手なんでよ。特に初めて行ったコンサートで知らない曲だったりすると、もう仲間に入れないので。だから歌わせることはこれからもしないですけど、でも一緒に歌うならいいなぁって。そういう意味でこの曲を作りました。

・ライブ中のASKA

―そしてアルバムの締め括りに、シングル「歌になりたい」のカップリング曲で感動のインスト曲「Breath of Bless〜すべてのアスリートたちへ」が収録されています。

ASKA:ええ。この曲はアルバムタイトルにしたかったんです。もうこれしかないでしょ、アルバムタイトルは。ただこの曲を入れるとCDで保証される時間=74分を超えてしまうんです。つまり、いわゆるデジタルエラーになった時に保証しませんよって言われたんですが、オーディオメーカーの人に聞いたら、「いや、全然平気だよ」って言うわけです。自分の家でCDに何回も焼いて聴いたんだけど、一回も音飛びしなかったのでそこは大丈夫です。安心してください。

―この曲はASKAさんがオリンピックのために作った曲なんですよね?

ASKA:そうです。僕がある意味勝手にオリンピックのために作ったんですが、東京オリンピックのためだと、2020年とともになくなってしまうでしょ? だから、あえてオリンピックを外して、”すべてのアスリートたちへ”っていうことで、アスリートに向けて作ったタイトルにしようと思って「Breath of Bless」にしました。

―ASKAさんご自身が剣道をやられているのもこの曲を作るモチベーションになっているんですかね?

ASKA:どうでしょうね。すべてのアスリートたちへの曲なんですが、この曲を聴いた方が自分の子どもの成長を記録する映像にこの曲をあててみたっていうエピソードも届きました。聴く方がどう聴くかは本当に自由ですからね。さっきの「未来の人よ」の話と矛盾してしまうんだけれども、世に曲を残したいって言っても、それはそうそう残るものじゃないですよ。どの時代に生まれてもそれは流行りの歌だから。流行りの歌だから毎回出てくるわけであって。メロディなんて400年前のクラシックのメロディで出尽くしてるわけです。なので、僕らが今歌ってるフレーズも、既に出尽くしたメロディの組み合わせを思いついてやってるのかもしれないです。そう考えると自分のミュージシャン生活で残る曲はこの曲じゃないかと思ってるんです。歌詞のないメロディだけのこの曲。だから、これはアルバムには絶対入れたかったんです。

―数あるASKAさんのヒット曲の中で、歌詞の付いてないこの曲が時代を超えてASKAさんの曲としては残ると。それはシンガーとしては切なくもありますね。

ASKA:当然だと思っているので、そんなに切なくは感じてないですよ。ただこの曲は楽曲制作に2年かかったので大切にしたいなと思っています。

―アルバムのトータル分数が約76分。1曲1曲も壮大。ある意味今の時代に対するアンチテーゼを感じます。15秒でサビが来るような作しりないとヒットしないと言われる時代に、アルバムの意味、一曲の中で何が残せるだろう、語れるだろうみたいなすごい熱量や想いを感じて、聴いていて鳥肌が立ちました。

ASKA:ありがとうございます。毎回アルバムは前回越えっていうのが自分の中のテーマなんです。それは自分で思っているだけで。やっぱり『NEVER END』(95年リリース)がよくできていて、あれは時期もそうだしいろんなものが揃ったアルバムでした。そして、それを超えるアルバム制作をしてきたように感じてます。今作はそれをちゃんと超えていると思っているんです。今回のアルバムは聴いてくれた人みんなが『NEVER END』を超えたと言ってくれるんじゃないかなと思っています。

―そして10月からは全国ツアーの開催が決定していますが、これは『Breath of Bless』のツアーになるのでしょうか?

ASKA:前回のツアーからはっきり打ち出してるんだけど、今後のツアーは『ASKAのありったけ』で行きます。去年が”40年のありったけ”だったので、今年以降は41年、42年、43年……のありったけでツアーをします。なので、アルバムリリースツアーではなく、新しいアルバムも全部含めて毎回ベストな曲を集めてライブやります。だってもう自分の中に縛るものがなくなったので。解き放たれてますので。秋のツアーの詳細は未だ決まってないですけど、とにかくエンターテイメントとして、また来たい!と思わせるようなツアーには絶対にしたいなと思っています。

―最後にローリングストーンの読者へメッセージを。

ASKA:フォークだロックだというカテゴリーじゃなく、そのアーティストが発するものに興味を持ってもらえればと思っています。キャリア40年を超えた僕が、今これを発しているということだけを、それだけを知ってもらえれば、僕は幸せです。


<INFORMATION>


『Breath of Bless』
ASKA
DADA label
発売中

1. 憲兵も王様も居ない城
2. 修羅を行く
3. どうしたの?
4. 未来の人よ
5. 忘れ物はあったかい
6. 百花繚乱
7. イイ天気
8. 虹の花
9. じゃんがじゃんがりん
10. 歌になりたい
11. 消えても忘れられても
12. 青い海になる
13. 星は何でも知っている
14. We Love Music
15. Breath of Bless~すべてのアスリートたちへ